薦田典佳 | ビジネスマンが必要なスキル「交渉術」とは

ビジネスの世界で成功していく人と、成功していかない人の大きな違いの一つに、交渉能力の有無があります。

仕事をするうえで、お客さんの言い分ばかり飲んでいては仕事になりません。

逆に自分たちの言い分ばかりお客さんに押し付けても仕事にはなりません。

仕事ができない人というのは、どういうわけか自社の言い分ばかりを押し通そうとしてしまったりします。

または、押しが弱すぎて断れず、お客様の言い分ばかりを飲んでしまい、製造などの社内との人間関係がギスギスしてしまうのです。

どちらか一方に比重してしまうと、すべてうまく行きません。

どのような業種であれ、お客さんとの交渉力のあるビジネスマンは社内でも社外でも信頼され、評価されていきます。
双方の丁度良いところを探し、交渉する手腕が男として社会で成功していくうえでは重要なのです。

交渉能力なくして会社間の取引は成立しません。

特に経営者や起業者、ビジネスマンとして一流になりたい男であれば、交渉術というのはテクニックとして知っておいて損はないスキルです。

またそれが不足している人は、あえて磨くべきスキルでもあります。

交渉というのは、仕事相手との信頼関係がなくては成立しないものです。

しかし、同じ交渉内容でも、Aさんが言う場合とBさんが言う場合では、不思議とAさんの言い分はお客様が認めてくれて受け入れてくれるという場合があります。

いかにして有益な取引ができるようになるのか、そこには技術力のほかには人間力も関わってきます。

このサイトでは、お客様に信頼されていく人間になる方法や、ビジネスの世界で役に立つ交渉術について紹介していきたいと思います。

これから起業をしたいと考えている学生の方も、会社で一流になりたい新卒社会人の方も是非参考にしてみてください。